EXOレイがカムバ参加でなぜ今?復帰理由や限韓令と現在の写真やアルバムについても

2012年4月8日に韓国と中国でデビューし、発売されたフルアルバムの売り上げ5枚全てが100万枚を超えるメガヒットを達成し、KPOPを代表するアイドルグループとなったEXOメンバーの脱退や兵役を乗り越え、現在も活躍し続けるEXO約1年6ヶ月ぶりにカムバックすることを発表し、さらに中国人メンバー・レイも約3年ぶりに復帰することでファンから大きな期待を寄せられています。

今回は、EXO中国人メンバー・レイのカムバ参加やタイミング、復帰理由や限韓令、現在の写真やアルバムについて調べてみました。




目次

レイがカムバに参加でEXOに復帰?

2021年6月7日にEXOスペシャルアルバム「DON’T FIGHT THE FEELING」で待望のカムバックを果たすことを所属事務所のSMエンターテインメントが発表しました。今回のスペシャルアルバムは、6thフルアルバム「OBSESSION」以来、約1年6ヶ月ぶりのカムバックとなります。

さらにそれだけでなく、EXOのメンバーであるレイが約3年ぶりに復帰し、アルバムに参加することも発表され、話題になりました。




6月7日のアルバム「DON’T FIGHT THE FEELING」のカムバについて

6月7日に発売されるスペシャルアルバム「DON’T FIGHT THE FEELING」でカムバックするEXO約1年6ヶ月ぶりのカムバックということもあり、韓国だけでなく、世界中でトレンドに上がるなどとても話題になりました。

今回のアルバムは、ファンのために精魂込めて準備した贈り物のようなアルバムになると発表しています。また、タイトル曲の「DON’T FIGHT THE FEELING」は、軽快なリズムとシンセサイザー、重みのあるベースが印象的なダンスジャンルの楽曲だそうです。

EXOといえば、2012年にデビューして以来、発売するアルバムがメガヒットし、多くのMVの再生回数も1億回以上突破するなど、KPOPを代表するアイドルです。




レイがEXOの活動に参加していなかったのは限韓令が原因?

今回のカムバックに約3年ぶりに参加するレイですが、一部のファンの間では限韓令が原因であると言われてますが、実際はどうなんでしょう。また、レイが2015年に中国で設立した個人事務所との関係についても調べてみました。

・限韓令(韓中関係)

限韓令とは韓国が朝鮮半島有事に備えて、2016年に韓国がTHAADミサイルを配備することを決定したことに不満を抱いた中国が報復措置として試行したものです。具体的な内容は、韓国芸能人の中国活動の制限、韓国人芸能人の1万人以上の公演禁止、韓中合作禁止だそうです。

当時、KPOPは、中国でも大人気だったので、KPOPアイドルたちにも大打撃でした。また、この時期に発売されたEXOのアルバム「THE WAR」にレイが参加しなかったのは限韓令だと言われています。

・中国の個人事務所

レイEXOとして積極的に活躍していた2015年に中国で個人事務所を設立し、そこを拠点として中国で活動するようになりました。この設立は、いずれ兵役を迎える韓国メンバーがいて、空白期間に個人で活動することを考えた時に、母国・中国で活動拠点を作っていた方が良いと思ったからではないかと言われています。

しかし、2018年のEXOのカムバックに中国のスケジュールを理由に不参加を発表したレイに対して、他のメンバーの韓国ファンが不満や驚きを隠せず、大炎上しました。また、日本のコンサートも中国活動を理由に不参加したこともあり、日本のファンも残念の声を漏らしました。




レイが復帰するタイミングが今なのはなぜ?

中国スケジュールのためにEXOの活動に参加していなかったレイは、韓国や日本のファンから「脱退するのではないか」、「EXOの活動が副業なのか」などの厳しい意見や「スケジュールはSMが管理すべきで、本人に非はない」など賛否両論の声がありました。

そんなレイが今回、約3年ぶりにEXOのカムバックに参加することになりましたが、どうして今のタイミングなのでしょうか。

一番考えられる理由は、中国での活動が落ち着いてきたからではないでしょうか。今回のアルバムには、コロナウィルスのため、韓国に行けないですが、カムバックに参加することが中国のSNSで発表されています。また、現在EXOは兵役に行っているメンバーが多く、事務所がメインダンサーであるレイに参加してほしかったのではないかなど様々な憶測が囁かれています。




レイの今現在の写真や状態は?

レイは、現在中国を拠点に、歌手や俳優、ダンサーとして大活躍しています。歌手としては、2018年にはアメリカデビューを果たし、アメリカのデビューアルバムはビルボード200チャートで21位に入り、中国人歌手の歴代最高順位を記録するなど、グローバルな活躍ぶりを発揮しています。

俳優としては、日本の大ヒットドラマ「プロポーズ大作戦」のリメイク版映画で主演を務めたり、数多くのドラマに出演し、中華圏で大人気だそうです。また、中国活動を積極的に行っているレイは、ジャッキー・チェンや中国の御曹司など多くの有名人とも親交があるようで、人気スターの仲間入りを果たしています。

現在も、レイはEXO活動当時と変わらず、端正なルックス、ダンススキルを誇っているそうです。




まとめ

2012年4月8日に韓国と中国でデビューし、発売されたフルアルバムの売り上げ5枚全てが100万枚を超えるメガヒットを達成し、KPOPを代表するアイドルグループとなったEXOレイのカムバ参加やタイミング、復帰理由や限韓令、現在の写真やアルバムについて調べてみました。

現在、レイ中国を拠点に活動しており、約3年ぶりに今回EXOのカムバックに参加することが発表され、世界中のファンから喜びの声が上がりました。これまで活動に参加していなかった理由は具体的に発表されていませんが、韓中関係や個人事務所との関係だと言われているそうです。

今回のEXOのカムバックが楽しみですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる