ENHYPENジェイクの本名と整形お金持ち実家やハーフと高校や国籍のプロフィールも【エンハイプン/エンハイフン】

2020年にサバイバルオーディション番組「I-LAND」を経て、華々しくデビューした7人組ボーイズグループ・ENHYPEN。1stミニアルバムは、2020年にデビューしたKPOPグループの中で最高売り上げを記録し、今、最も勢いのあるグループです。

今回は、平均年齢17歳という若さでデビューしたENHYPENの笑顔が素敵ないたずらっ子・ジェイクの本名、整形、実家、ハーフ、高校や国籍について調べてみました。




目次

ENHYPENジェイクのプロフィール・経歴・本名・国籍

https://twitter.com/ENHYPEN_members/status/1358376656927297536?s=20
  • ジェイク/本名:シム・ジェユン、英語名:Jake Sim
  • 生年月日:2002年11月15日(18歳)
  • 身長:176cm
  • 血液型:O型
  • 練習生期間:9ヶ月
  • 家族構成:父、母、兄

オーストラリア、クイーンズランド州プリスベンで生まれたジェイクは、BTSのアメリカ公演を観て、アイドルになりたいと思い、韓国へやって来てきました。彼はBTSの所属事務所が開催した公開オーディションで難関をくぐり抜け、練習生になりました。

練習生期間9ヶ月と短いにも関わらず、オーディション番組内で毎週、着実に成長していく姿がプロデューサーだけでなく、視聴者の目に止まり、一時はデビュー圏外にいたものの、最終的に3位で通過し、デビューを掴みました。

性格は、いつもニコニコしていて、大型犬のような人懐っこい性格だと言われています。いつも笑顔を絶やさず、彼の周りはいつも賑やかで、人を引きつける魅力を持っていると思います。




ENHYPENジェイクの学歴(中学高校大学)は?

https://twitter.com/JAKE_500_1/status/1292385352565456900?s=20

オーストラリアに住んでいた時は、現地の小学校、中学校に通っていました。小学校は、男女共学のエッジヒル州立学校に通っており、音楽の授業が盛んに行われていたそうです。中学校は、男女共学の私立学校・セントピーターズルーテルカレッジに通っており、授業料が約200万円とお金持ちの子どもたちが通う学校だったのではないはないでしょうか。

ジェイクは、現在、Dwight School Seoulという韓国のインターナショナルスクールへ転校しています。韓国アイドルは、芸能学校に通う場合が多いですが、韓国に来たばかりで元々英語の方が楽なジェイクにとって、インターナショナルスクールの方が勉強しやすいのかもしれませんね。このインターナショナルスクールは、年間の学費が約260万円とかなり高額で、裕福な家庭の子どもしか通うことができません。




ENHYPENジェイクの整形疑惑は?

はっきりとした顔立ちをしており、都会的な洗練された見た目ジェイクは整形しているのではという意見があり、特に言及されるのが目と鼻です。

ジェイクの目は、奥二重気味なので写真の角度によって、二重に見えたり、一重に見えたりするようですが、幼少期の頃の写真と比較しても目に大きな変化は見られないので整形していない可能性が高いです。

鼻についても、鼻筋が通り、横顔も完璧なので、整形なのではないかと言われていましたが、過去写真と比較しても鼻が高く、綺麗な顔立ちをしていました。オーストラリアにいた時よりも、痩せているので顔のパーツがくっきりと見えるのではないでしょうか。

ジェイクは、写真の写りによって顔の雰囲気が違って見えるだけで整形はしていない可能性が高いです。




ENHYPENジェイクの実家はお金持ち?

https://twitter.com/jaw_rii/status/1290618707299819521?s=20

高額な学費がかかる学校に通っていたことから、ジェイクの実家は裕福な家庭なのではないかと噂になりました。ジェイクの父は、オーストラリアで会社を経営しており、自宅の敷地内にプールがあり、幼少期の頃からバイオリンをしていたりとお金持ちだと言われるエピソードが多くあります。また、練習生時代から、ハイブランドの服や小物を身に付けており、両親に高い服を買い与えられていたようです。

オーストラリア生まれではっきりとした顔立ちをしているので、ハーフなのではと言われていますが、オーディション番組放送当初内で「オーストラリアの市民権は持っていない」と話していたことから、国籍は韓国だと思います。また、オーストラリアでは両親のどちらかに永住権があれば、その間の子どもにも永住権を得ることができるそうなので、両親ともに韓国人の可能性が高いです。




まとめ

今回は、2020年にサバイバルオーディション番組「I-LAND」を経て、華々しくデビューした7人組ボーイズグループ・ENHYPEN笑顔が素敵ないたずらっ子ジェイクの本名、整形、実家、ハーフ、高校や国籍について調べてみました。

オーストラリア生まれで英語がペラペラのジェイクは、現在も韓国のインターナショナルスクールに通っているようです。彼にとって、韓国語よりも英語の方が触れる機会が多かったので、英語の方が勉強が分かりやすいのかもしれませんね。また、学費が高い学校に通っているので、お金持ちなのではないかと言われていましたが、実家の様子ジェイクの私服を見るとお金持ちというのも裏付けられますね。

また、整形疑惑についても、幼少期の写真と比較しても特に変化はなく、成長により男らしい印象へと変化しただけであると思います、また、ジェイク写真の写りによって顔の雰囲気が違って見えることが多いようです。

これからENHYPENは韓国国内で活躍すると思いますが、いつかジェイクの故郷であるオーストラリアで公演ができるようになれば良いなと思いました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる