ENHYPENソンフンの彼女や本名とスケート選手時代と鼻の整形疑惑は?彼女やプロフィールも【エンハイフン】

2020年にサバイバルオーディション番組「I-LAND」を経て、華々しくデビューした7人組ボーイズグループ・ENHYPEN。1stミニアルバムは、2020年にデビューしたKPOPグループの中で最高売り上げを記録し、今、最も勢いがあるグループです。

今回は、平均年齢17歳という若さでデビューしたENHYPENビジュアル王子であるソンフンの彼女や本名とスケート選手時代、鼻の整形疑惑について調べてみました。




目次

ENHYPENソンフンのプロフィール・経歴・本名

  • ソンフン/本名:パク・ソンフン
  • 生年月日:2002年12月8日(18歳)
  • 身長:177cm
  • 血液型:O型
  • 練習生期間:2年1ヶ月
  • 家族構成:父、母、妹

ソンフンは、フィギュアスケート選手として活躍していましたが、BTSのコンサートを観に行ったことがきっかけで、アイドルになりたいという気持ちが生まれ、練習生とフィギュアスケート選手を両立させていました。しかし、デビューするために10年間続けたフィギュアスケートを諦め、アイドルの道へと進みました。

オーディション番組放送直後からビジュアルが話題となり、「練習生が選ぶかっこいい練習生」でも1位を獲得するなど、誰もが認めるビジュアル王子です。

ソンフンは、努力家でもあり、練習生の間で「練習の虫」と言われていました。練習生とフィギュアスケート選手の両立のために、人一倍努力をしていたのにも関わらず、一切大変な素振りを見せなかったそうです。結果、努力が実を結び、最終的に6位で通過し、デビューを掴みました。




ENHYPENソンフンは元フィギュアスケート選手?

https://twitter.com/JWSH__ily/status/1362019692668280837?s=20

ソンフンは、練習生になる前にフィギュアスケート選手として活躍していたという異色の経歴の持ち主です。キム・ヨナを見た母からフィギュアスケートを勧められ、ソンフンが9歳の頃から始め、すぐに才能が開花し、大会で入賞するレベルまでに成長したそうです。

フィギュアスケート選手時代も多くの試合に出場し、成績を残しました。

  • 2014年 韓国選手権ジュニア 2位
  • 2015年 韓国選手権上級者レベル 8位
  • 2016年 韓国選手権上級者レベル 7位
  • 2017年 韓国選手権上級者レベル 7位
  • 2018年 韓国選手権上級者レベル 8位
  • 2019年 韓国選手権上級者レベル 8位
  • 2020年 韓国選手権上級者レベル 7位

韓国選手権・・・韓国代表選手決定戦

また、フィギュアスケート選手時代は、実力と共に、端正なビジュアルにも注目が集まり、スケートファンの間では、”韓国の羽生結弦”と呼ばれていたそうです。

フィギュアスケートを10年間もしていた経験から、しなやかなダンスパフォーマンスが彼の持ち味で、MAMA2020のステージでもフィギュアスケートを披露し、今後もこの経験が活かされると思います。




ENHYPENソンフンの学歴(中学高校大学)は?

https://twitter.com/__sh128/status/1348492515268194304?s=20

ソンフンは、今年、パンゴク高等学校を卒業しました。この高校は、男女共学で、スケート選手の卒業生が多い学校として有名で、1学年12クラスあり、全校生徒が1000人を超えるマンモス高校だそうです。フィギュアスケートに専念するために進学したのかもしれませんね。

大学へ進学するかはまだ分かりませんが、韓国では、多忙な芸能生活を過ごしながらでもオンライン上で通うことができる通信制大学も有名なので、そこに通う可能性もありますね。




ENHYPENソンフンの鼻の整形疑惑は?

ソンフンは、幼少期から端正なルックスで、鼻筋が綺麗に通った横顔をしていることから、整形なのではないのかという疑惑があります。

フィギュアスケート選手時代の写真と比較してみると、少し鷲鼻気味だった鼻が、現在はあまり目立たなくなり、綺麗な鼻筋へと変化しているようにも見えます。しかし、これだけでは一概に鼻を整形したとは言い切れないと思います。

写真の角度雰囲気で多少は違ったようにみえたり、成長過程で顔立ちや骨格が変わることは多くあるので、整形していない可能性も十分あると思います。




ENHYPENソンフンに彼女はいる?

https://twitter.com/015Jakee/status/1340664685016698884?s=20

ソンフンには、彼女の噂は今までに一度もなく、現在も彼女はいないそうです。幼少期からフィギュアスケート選手として練習生活を送りながら、アイドルを目指していたこともあって恋愛する時間はなかったのかもしれません。

しかし、過去に好きな女性のタイプについては言及しており、Red Velvetのアイリーンがタイプと発言していたようです。アイリーンと言えば、KPOPアイドルが選んだ美女ランキングにも毎年ランクインしているほど、美人で有名なアイドルです。

ソンフンには、彼女はいませんが、5歳年下の妹がおり、溺愛しているようで、一部ファンからもシスコン説も囁かれているほどなので、余計に女性の影が見えないのかもしれませんね。




まとめ

今回は、2020年にサバイバルオーディション番組「I-LAND」を経て、華々しくデビューした7人組ボーイズグループ・ENHYPENのビジュアル王子であるソンフンの彼女や本名とスケート選手時代、鼻の整形疑惑について調べてみました。

ソンフンは、フィギュアスケート選手として活躍し、多くの成績を残してきました。また、実力だけでなく、幼少期からビジュアルにも注目されてきたことから、アイドルになるべくしてなったのではないでしょうか。

また、端正なルックスから、整形を疑われていますが、写真の角度雰囲気で多少は違ったようにみえたり、成長過程で顔立ちや骨格が変わることは多くあるので、整形していない可能性も十分あると思います。

努力家のソンフンは、今後も成長を続け、ENHYPENの中心となるメンバーになるのと思います!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる