ガルプラ999最終回はいつで最終順位は?メンバー人数と視聴者の呼び名も

2021年8月6日からMnetで始まったグローバルオーディションGirls Planet 999。韓国、中国、日本3か国から33名計99名の少女たちがK-POPアイドルとしてデビューするために戦っています。

今回は、ガルプラ999最終回や最終順位やメンバー人数と視聴者の呼び名などについて調べていきます。

 

目次

ガールズプラネット999最終回はいつ?

Girls Planet 999 の最終回はいつなのでしょうか。

Girls Planet 999デビューメンバーが発表される注目の最終回10月22日の放送回は日韓中同時で生放送されることが決定しました。

Girls Planet 999 は、8月6日の初回放送以降、難しいミッションに協力しながら挑む参加者たちの一生懸命な姿や、プロ顔負けのパフォーマンスに多くの視聴者が魅了され、放送後にはTwitterの世界トレンドや日本トレンドに番組関連ワードがランクインするなどの反響が寄せられています。また放送開始からの総視聴数が2,300万を突破するなど、大きな盛り上がりを見せています。

10月22日の放送が楽しみですね。最終メンバーに残るのだれなのでしょうか。
 

ガールズプラネット999の視聴者の呼び方は?


Girls Planet 999 は、視聴者からどう呼ばれているのでしょうか。

韓国で放送中のオーディション番組 Girls Planet 999 は、視聴者からある特別な名前で呼ばれています。それは、プラネットガーディアンです。ガーディアンとは、日本語で『守る人』と言う意味があり視聴者が少女たちの夢を守ると言う意味があるようです。

本当に全員の少女たちの夢を守ってデビューできるきっかけになるといいですね。

 

ガールズプラネット999で合格するメンバー人数は?


Girls Planet 999 で合格する人数について調べました。

Girls Planet 999 でデビューできる人数は9名という噂があります。番組タイトルが Girls Planet999 であり、そして日本韓国中国各国から各33名の計99名でオーデションが初めっています。「9」にこだわりがあるように感じますね。

デビュー人数の発表が楽しみですね。


ガールズプラネット999の最終順位メンバーは?

Girls Planet 999 の現在の順位はどうなっているのでしょうか?

Girls Planet 999の第2回グローバル視聴者投票の結果発表が行われました。生存者27人と脱落者27人、新たなTOP9が決定しました。

「コンビネーションミッション」では、99人の中から勝ち残った54人(日本、韓国、中国各18人)が3人チーム(6組)、6人チーム(3組)、9人チーム(2組)に分かれ、同じ人数のチーム同士がパフォーマンスバトルを繰り広げられ、グローバル視聴者投票によって、K(韓国)、C(中国)、J(日本)の各グループの中から順位が低い10人、計30人が脱落しそのうち3人はマスター評価によるプラネットパスで復活できることから、計27人の脱落が決まりました。

■第2回視聴者投票 国別個人順位(左からK/C/J)
1位:チェ・ユジン/シェン・シャオティン/川口ゆりな
2位:キム・チェヒョン/スー・ルイチー/坂本舞白
3位:キム・ダヨン/ファン・シンチャオ/江崎ひかる
4位:カン・イェソ/ツァイ・ビーン/野仲紗奈
5位:ソ・ヨンウン/ウェン・ヂャ/永井愛実
6位:グイン・マヤ/チェン・シンウェイ/岸田莉里花
7位:キム・ボラ/フー・ヤーニン/池間琉杏
8位:ヒュニン・バヒエ/シュイ・ズーイン/メイ

プラネットパス:キム・スヨン/チョウ・シンユー/嘉味元琴音

国別ではチェ・ユジンさん(K)、シェン・シャオティンさん(C)、川口ゆりなさん(J)が3人とも1位をキープ。前回、マスター評価による「プラネットパス」で脱落を回避したウェン・ヂャさんがCグループ5位、池間琉杏さんがJグループ7位と躍進しました。

今回のプラネットパスではキム・スヨンさん(K)、チョウ・シンユーさん(C)、嘉味元琴音さん(J)が復活し、中でも嘉味元 琴音さん は、放送の分量のなさをラップで訴えて話題を呼んでいました。マスターたちは「満場一致レベルでした」「韓国語ができないにもかかわらずあれだけ韓国語のラップをこなせるとは。。。」と評価されました。

『PRODUCE 48』に続いて挑戦したキム・ドアさんがKグループ9位となり脱落し「すごく多くのものをかけてこの2回目のチャレンジをしたんですが、残念な結果となりました。楽しい時間でした」と締めくくりました。

個人投票TOP9も発表され、1・2位は前回同様、川口ゆりなさんとシェン・シャオティンさんの一騎打ちとなりましたが、今回は首位が交代して シェン・シャオティンさん が1位に輝いた。投票に参加した167ヶ国のうち、韓国、ドイツ、ロシアを含む61ヶ国で1位となる支持を得た シェン・シャオティンさん は「応援くださって本当にありがとうございます。今、1番高い位置に立つことになりましたが、怖がったり、後ずさりはしません。プラネットガーディアンの皆さんが応援してくださったので、これからも一緒に前に進んで行けるように頑張りたいと思います」と覚悟を示した。

2位の 川口ゆりなさん は「前回1位をいただいたときは、応援してくださった皆さんの期待に完璧に応えられてなかった気持ちが強くあって、すごく悔しかったです。今回はその期待に絶対応えて見せます」と言葉に力を込めた。 川口ゆりなさん は、アメリカ、フランス、フィンランドを含む41ヶ国で1位だった。

3位は前回5位から2ランクアップした坂本舞白さん。今回も日本での投票は1位で、ベトナムでも1位、韓国でも3位となった。4位の江崎ひかるさんはエジプトで1位、イタリア、インド、中国、フランスで3位でした。 坂本舞白さん と前回のミッションで同じセルだったファン・シンチャオさん(C)は7位となり、初のTOP9入りを果たしました。

■第2回視聴者投票TOP9順位
1位(↑ 2):シェン・シャオティン(C) 5,517,873点
2位(↓ 1):川口ゆりな(J) 4,661,720点
3位(↑ 5):坂本舞白(J) 4,578,784点
4位(↓ 3):江崎ひかる(J) 4,176,316点
5位(↓ 4):チェ・ユジン(K) 3,173,040点
6位(→ 6):スー・ルイチー(C) 2,912,831点
7位(初):ファン・シンチャオ(C) 2,816,654点
8位(↓ 7):ツァイ・ビーン(C) 2,682,114点
9位(→ 9):キム・チェヒョン(K) 2,665,915点

2回目の視聴者投票では、167ヶ国で総投票数4364万8173票を記録し前回よりも約1590万票以上も増加した。放送当日は、ツイッターで「TOP9」「プラネットパス」といった番組関連のハッシュタグが6つも日本トレンド入り。「GirlsPlanet999」は世界トレンド4位にランクインしています。

次のステージに進出する27名は、「クリエーションミッション」に挑みます。ここから新たに始まる視聴者投票では、K、C、Jグループの割合の制限なく1位から17位までの17人に絞られ、脱落した10人の中から1人だけがプラネットパスで復活できます。生存した18人は、デビュー組が決定する生放送のファイナルステージに進出することも発表されています。

まだまだ最後まで結果が気になる Girls Planet 999まだまだどうなるのかわかりませんね。



まとめ


いかがでしたか?

今回は、 ガルプラ999最終回や最終順位やメンバー人数と視聴者の呼び名 について調べました。

10月22日最終回予定の Girls Planet 999 は視聴者からプラネットガーディアンとよばれていることが分かりました。
またデビューする人数は、はっきりとわかりませんが9人ではないかと予測されています。

999人の少女たちが99人に絞られそして最終的に9人に絞られるのでしょうか。
安定して1.2位をキープしている川口ゆりなさんとシェン・シャオティンさんはデビュー候補ではないかと思います。しかしプラネットパスという敗者復活で脱落から救出されたメンバーも挽回していい結果が出ることも予想されます。

まだまだ結果の分からないGirls Planet 999の最終結果が気になりますね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる