BTSのSUGAの左肩の事故の影響や現在は?肩が上がらずライブやパフォーマンスできない?

今、世界中で人気を集めているKPOPアイドルグループBTS。2020年8月21日に発売したデジタルシングル「Dynamite」は、全ての歌詞を英語で歌うという初の試みで、韓国人アーティストとして初の全米1位を記録し、KPOPの新しい歴史を創り続けているグループです。

今回は、BTSラッパー兼作詞作曲を手がけるプロデューサー的存在SUGAの左肩の怪我、事故の影響、今後の活動に調べてみました。




目次

BTSのSUGAが2012年の交通事故の影響が今も残る

https://twitter.com/luneosin/status/1215515751102087168?s=20

SUGAが左肩を怪我したのは2012年で、練習生時代の配達のアルバイトの最中に交通事故に遭ったことが原因だと本人の口から話されています。

SUGAは、練習生時代に金銭的にとても苦労し、「毎日500円しか持っておらず、バスに乗るとご飯が食べられなくなるから、毎日遠い距離をバスに乗らず通学していた」と語っています。

そのような環境から抜け出すために、配達のアルバイトをしながら練習に励んでいたそうです。しかし、アルバイト中に交通事故に遭い、左肩を脱臼してしまったそうです。それを機に練習生を辞めようか悩んだそうですが、事務所の社長に「学費を全額支援する」と練習生生活を後押ししてくれ、厳しい練習生生活を乗り越え、2013年6月13日にデビューを果たしました。

BTSのメンバーは、当時事故について全く知らず、2016年にSUGAが発表したミックステープの楽曲内で、当時の事故について歌詞にし、その時に始めて事故についてメンバーが知ったそうです。




BTSのSUGAのプロフィール・経歴

  • SUGA/本名:ミン・ユンギ
  • 生年月日:1993年3月9日(27歳)
  • 身長:174cm
  • 血液型:O型
  • 家族構成:父、母、兄

幼少期から韓国のヒップホップアーティストの音楽に大きな影響を受けたSUGAは、地元・大邱で「gloss」という芸名でアンダーグラウンド活動を始めるようになり、ラップの実力を磨いていました。

高校2年生の時、現・所属事務所BigHitで行われた公開オーディションに参加し、ラップ部門で2位を獲得し、事務所の作曲家・プロデュース業をするために練習生となりました。最初は、裏方の仕事を志望していたSUGA でしたが、事務所の路線変更によりアイドルとしてデビューすることになりました。

作曲家志望だったSUGAは、BTSの多くの楽曲に携わり、SUGAストレートな歌詞、繊細なメロディに多くのファンが魅了されています。また、”Agust D”としてミックステープを発表し、韓国ウソロアーティストとして史上初めてビルボードシングルチャートとアルバムチャートに同時にランクインしました。




BTSのSUGAの左肩が治らない可能性もある?

SUGAは、練習生時代の交通事故がきっかけで、左肩に後遺症が残り、普段から不調を抱えていたそうです。デビュー後も、活動に支障がでないように様々な治療を続けていたようですが、年々症状が現れる周期が短くなり、ステージ上だけでなく、日常生活にも支障がきたすようになり、手術することを決めたそうです。

SUGAは、「500mlのペットボトルを持つことさえも辛かった」と話していたので、相当肩に負担を抱えていたようです。

ファンの間では、SUGAの交通事故、肩の怪我について知っている人は多くいましたが、こんなにも長い間、後遺症を抱えていたこと知らなかった人も多く、心配の声が多く上がっていました。

現在は手術は成功し、リハビリに励んでいるようなのでステージに復帰する日も遠くはないともいます。




BTSのSUGAの怪我からの復帰はいつ頃になるりそう?

2020年11月6日に、肩の手術を受けたことが事務所によって発表され、当分の間、一部スケジュールを除く大部分の公式活動に参加せずに、治療に専念することも発表されました。

さらに、SUGA本人が兵役の義務を履行するため兵役後の歌手活動のために健康な身体を作ることが重要であると判断したため、今回休養することに決めたとコメントしました。

しかし、休養中も、TwitterVLIVEなどのファンとのコミュニティに頻繁にコメントを残したり、声だけ出演した動画を配信し、ファンとのコミュニケーションを図っていたようです。

そして、SUGAは、12月31日に開催されたBig Hit Labelsの年越しライブで完全復活し、ファンとの久々の再会を果たしました。今後、もうしばらくは激しい運動は難しいと思いますが、座ってでのパフォーマンスには参加し、リハビリも受けているようなので、ステージ上でSUGAを見る日は近いと思います。




まとめ

今回は、世界中で人気を集めているKPOPアイドルグループBTSラッパー兼作詞作曲を手がけるプロデューサー的存在SUGAの左肩の怪我、事故の影響、今後の活動に調べてみました。

SUGAはデビュー前の交通事故により、約8年間の間、肩の後遺症と共に活動を続けていましたが、今後の活動のことも考え、手術を決意し、今回休養を発表したようです。こんなにも彼が肩の後遺症に悩まされていたことはファンの間でも知らない人が多かったので、心配の声も多く上がっていました。

最近、復帰を果たしましたが、今後の活動も無理せずに、世界中のファンを魅了してほしいですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる