LOVELYZの解散契約終了理由やベイビーソウル再契約の理由は?メンバーの今後の活動も【ラブリーズ】

2014年11月12日に、1stアルバム「Girl’s Invasion」でデビューしたガールズグループ、LOVELYZ。所属事務所Wollimエンターテイメントから初のガールズグループとして、3年の準備期間を経てデビューしましたが、この度解散が発表されました。

今回は解散や契約終了の理由、ベイビーソウル再契約の理由、メンバーの今後の活動について調べました。

目次

LOVELYZが11月16日で専属契約終了

2021年11月1日、8人組ガールズグループLOVELYZ2021年11月16日で解散による活動終了となることを所属事務所Wollimエンターテイメントが発表し、LOVELINUSに衝撃が走りました。

「長い間、踏み込んだ論議と熟考を経て、「LOVELYZ」のメンバーは新しい場所で別のスタートを準備することに決定し、当社はメンバーたちの意思を尊重し、応援することにした」と明らかにしました。

「この7年間woollimエンターテイメントの所属アーティストとして会社を輝かせ、最善を尽くしてくれた『LOVELYZ』の8人のメンバーに感謝し、メンバーたちの新しい出発を心から応援する」と応援を呼びかけています。

LOVELYZの解散理由は?

K-POPアイドルグループには「7年のジンクス」という問題がついて回ります。このジンクスとは、不正契約を防止するために韓国の公正取引委員会が定めた「標準専属契約書」の契約期間が最長7年であることから、更新時期などに話題になる問題として、この壁を乗り越えられるかどうかがひとつのキーポイントになります。

「LOVELYZ」は“7年のジンクス”を破ることができなかったこと、8人全員が揃ってこそのグループである、というメンバー全員の意向から、今回は残念ながら解散という結果になってしまいました。

ベイビーソウルだけ再契約の理由は?

今回、LOVELYZのメンバー8人のうち、ベイビーソウルのみがWoollimエンターテイメントと再契約を交わすことになったと公表されました。「会社と多くの苦悩と対話を交わした末に、私はこの10年以上、私を信じてくれ守ってくれたwoollimエンターテイメントとともに歩むことにしました」とベイビーソウルのコメントを伝えています。

「『LOVELYZ』のメンバーのうちベイビーソウルは当社と長い時積み重ねてきた信義に基づき、再契約を締結した」とし、全面的なサポートをすると、所属事務所も述べています。

これについてはLOVELINUSの間でも噂されていたようで、長年在籍していたこと、功労者としての実績を考慮しての措置なのだろうとの見方が大半です。事務所の中枢にて後進の指導や育成などが期待されているのでは、とされています。

契約終了の7人のメンバーの今後は?

契約終了となるそのほかのメンバーの去就についても明確な発表がないため、噂の域を出ませんが、ジエとジスは女優の道を、ミジュは今後も、明るい性格でバラエティ番組で活躍するのではと予想されています。Kei、JIN、スジョンは巧みな歌唱力などから音楽活動を続けるのではないでしょうか。

イェインは、幼い頃から舞踊やモダンダンスを学んでいたので、ダンススキルが高いメンバーです。ダンスで培った曲線美を活かして、モデルやダンサーとして活躍されるのではとされています。

まとめ

K-POPシーンのアイドルグループは、7年のジンクス、という逃れられない壁との戦いを常に強いられていると言えるでしょう。また、それに加えて男性アイドルグループであれば兵役の問題も絡みます。

LOVELYZも残念ながら、そのジンクスを越えられなかったグループのひとつとして、その歴史を閉じることとなります。8人で完全体という彼女たちの今後の活躍が華々しく、光り輝くものであるように祈りながら見守りたいと思います

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる