イ・ヒョリの現在の年齢や結婚と旦那子供は?MAMA2021司会の理由も

2021年12月11日(土)に韓国にて2021MAMAが開催されます。そして今回、ホスト役にイ・ヒョリさんが決定しました。これはMAMA史上初の女性ホストとなります。

今回は、イ・ヒョリさんのプロフィールやMAMA2021司会の理由について調べていきます。


目次

イ・ヒョリがMAMA2021の司会に抜擢

12月11日(土)に韓国にて2021 MAMAが開催されます。今回、ホスト役にイ・ヒョリさんがが決定し、史上初の女性ホストとなります。

MAMAのホストは、アーティストとグローバル音楽ファンをつなぐメッセンジャーであり、MAMAのメッセージや価値を伝えるストーリーテラーでもあります。これまでソン・ジュンギ、イ・スンギ、ソン・スンホン、PSY、イ・ビョンホン、パク・ボゴム、チョン・ヘインなど、時代を代表する俳優やアーティストたちが、ホストとして、グローバルファンとともに歩んできました。今年のホストを務めるイ・ヒョリさんは、この20年間、K-POPの歴史をともにしてきた代表的なミュージシャンであり、イ・ヒョリ自体がK-POPの過去と現在、そして未来を全て盛り込んでいると言えるほど、時間を越えた強力な影響力を誇っています。また、主体的に自分だけの叙事を生み出し、偏見を破る音楽トレンドを開拓したアーティストとして評価され、後輩ミュージシャンには憧れのロールモデルとして、音楽ファンには永遠のスターとして愛されています。

まさに イ・ヒョリさんのMAMAのホスト役は適任ではないでしょうか。

Mnetは「2021MAMAは“MAKE SOME NOISE”をコンセプトに、異なる価値を尊重し、偏見を破る新しさでさらにアップグレードした強力な音楽の力を世の中に伝える計画」とし「イ・ヒョリは今年、MAMAが追求する価値と結びついている唯一無二の人物だと考えて、ホストを依頼した」事を明らかにしました。

イ・ヒョリ さんのホストを務めるMAMAを見るのがとても楽しみですね。 


イ・ヒョリのプロフィール・経歴・年齢

イ・ヒョリのプロフィールにつて調べました。

生年月日:1979.05.10
血液型:A型
身長:167cm
体重:48kg
出身地:韓国・忠清北道清原郡江外面五松里(現・忠清北道清州市興徳区五松邑)
学歴:国民大学校演劇映画科
所属:Kiwi Media Group

イ・ヒョリさんは、元々ガールズグループ「FIN.K.L(ピンクル)」のリーダーとして、1998年アルバム「BLUE RAIN」でデビューしました。
FIN.K.Lというグループ名は「Fine Killing Liberty」の略で、「自由を殺すものを終わらせる」という意味が込められています。FIN.K.Lとしての活動は1998年~2002年頃までで、イ・ヒョリさんは2003年からソロ歌手として活動を始めています。

2011年イ・サンスンと遺棄動物を助けるための曲「覚えて」を制作しながら互いに好感を持ち、恋仲に発展し3年月日を得て結婚し、2017年済州島に移住し民宿を経営しています。

イ・ヒョリの現在は?

イ・ヒョリさんは、現在何をしているのでしょうか。

イ・ヒョリさんは、結婚してからは済州島に移住し、可愛い愛犬たちと仲良く暮らしているようです。アーティストとしての音楽活動はもちろん、2017年からは二人が住んでいる済州島の家で民宿を経営しており、一般の人を宿泊させるという面白いコンセプトの番組「ヒョリ家の民泊」にも出演するなど、多方面で活躍しています。

2021年5月、ファッションマガジン「Harper’s BAZAAR KOREA」の5月号を通じて、イ・ヒョリのグラビアとインタビューが公開されました。撮影後に行われたインタビューで「夕方にヨガをして帰宅すると夫が夕食を用意してくれていること、自然に恵まれて過ごせること、犬たちが塗装されてない道を歩いたり走ったりできることなど、ささいな日常に幸せを感じています」と語っています。また、、子供がほしいと思っているということについても語っており イ・ヒョリさんは 「私がこの世に来た理由は『何かを学ぶため』だと思っています。そして、心の勉強が最もできるのが育児だと聞きました。母親だけが可能な犠牲と努力、そのような愛を学んでみたいんです」と打ち明けました。


また、最近、陶芸にはまっているようで、 イ・ヒョリ さんは、「わたしの手で表現して作るということは特別な経験です。陶芸を学んでから、友人たちに犬をつくってプレゼントしたりしました」と話したようです。

イ・ヒョリさんは、とても有意義なそしていろんなことを常に学んで人として凄く磨いている人なんだなと思いました。だからとても魅力的な女性なんですね。


イ・ヒョリの結婚や旦那子供

イ・ヒョリさんの、旦那様とお子さんについて調べました。

イ・ヒョリさんは、イ・サンスンさんと結婚してから済州島に移り、民宿を経営しています。

イ・サンスン は、どんな人なのでしょうか。
イ・サンスンは1999年にバンド「ローラーコースター」としてデビューした実力派ミュージシャンです。2000年にはジャズなどを習うためにオランダのアムステルダム・コンサバトリー 音楽大学に進学しました。また2007年には第4回韓国大衆音楽賞で最優秀モダンロックシングル賞を受賞し、その実力を認めらました。

イ・ヒョリさんとイ・サンスンは2011年7月、遺棄動物を助けるための曲「覚えて」を制作しながら互いに好感を持ち、恋仲に発展しました。そして2人は2011年から正式に交際をスタート、3年の月日を経て結婚を決意することとなりました。

イ・ヒョリさんには子供がいるのでしょうか。
2人の間にはまたこどもはいません。しかし2021年5月ファッションマガジン「Harper’s BAZAAR KOREA」のインタビューでイ・ヒョリさんは子供が欲しいと答えています。

近いうちに、赤ちゃん情報が入るかもしれませんね。イ・ヒョリさんとイ・サンスンさんの待望の赤ちゃん情報が入りましたら追記していきます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、2021年MAMAの初の女性ホストに選ばれたイ・ヒョリさんのプロフィールやMAMA2021司会の理由について調べました。


エキゾチックな顔立ちが魅力のイ・ヒョリさんは、セクシーなダンスと、媚びない言動で、これまでの清楚系のイメージが強かったK-POP界のイメージを大きく覆したといわれています。ファッションリーダーとしても若者への影響力も高く、芸能界にもイ・ヒョリさんに憧れるアイドルもたくさんいるようです。

現在は、旦那様のイ・サンスンさんと済州島で民宿を経営しながら、モデルとして雑誌のグラビアをはじめ、様々なアーティストとのコラボやプロデュース業、テレビ出演など幅広く活躍している イ・ヒョリさん。

そんな魅力たくさんの イ・ヒョリさんが史上初のMAMAのホストを務めます。今年のMAMAは、いつも以上に盛り上がりそうですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる