イ・ジョンジェは大泉洋に似てる!結婚彼女若い頃や年齢身長筋肉プロフィール!

Netflixで大ヒットとなっている話題のドラマ「イカゲーム」。主演のイ・ジョンジェが2021年12月27日の「しゃべくり007」2時間SPで特別企画に挑戦すると発表されました。もちろん日本のバラエティには初登場です。

今回は大泉洋に似ていると噂のイ・ジョンジェについて結婚や彼女、若い頃や年齢身長筋肉プロフィールをまとめました。

目次

イ・ジョンジェのプロフィール・経歴・身長年齢

生年月日 1972年12月15日(49歳)
出生地 韓国・ソウル特別市
身長 180 cm
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1993年 –
事務所 アーティストカンパニー

とても実年齢に見えないくらいシブオジですよね。1994年の映画『若い男』で4つの映画賞の新人賞を受賞。1999年には『太陽はない』での演技が評価され、韓国で最も権威のある青龍映画賞の男優主演賞を史上最年少で受賞するなど、実力は折り紙付きです。

俳優のチョン・ウソンと共に2016年5月、総合エンターテインメント会社「アーティストカンパニー」を設立し、自身も所属俳優となるなど、実業家としての一面もあります。

役者としては長身なスタイルの良さを活かしたクールな役柄のイメージで広く認知されていた彼ですが、2021年9月17日にNetflixで配信されるやいなや、世界各地で一世を風靡し特大ヒットを記録したサバイバル連続ドラマ『イカゲーム』では無職で借金まみれのギャンブル狂だが人情味のある主人公のソン・ギフンを演じ、韓国国内でも今までとのギャップの違いが話題となっています。

イ・ジョンジェの若い頃や筋肉

若い時は美大を志すも不合格。インテリアと建築を学んでいた学生時代、学費を稼ぐためにバイトしていたカフェでオーナーを通じて芸能関係者を紹介されました。ある時、広告撮影でモデルの男性が来られなくなり、急遽代役を務めることになったイ・ジョンジェ。当時トップスターだった女性モデルとの撮影はとても評判が良かったそう。

モデル料はバイトの時給より高かったため、すぐにモデル業界へ。1993年、21歳のときに出演したロッテクランキーチョコレートのCM出演が大当たり!映画やドラマなどのキャスティングが次々と決まり1993年ドラマ「恐竜先生」で俳優デビュー。1995年のドラマ「砂時計」でヒロインに一方的な愛をささげるボディーガード、ジェヒ役を演じて、一躍スターとなりました。役柄に合わせてトレーニングなどをするようで、筋肉隆々で本当に実年齢に見えないくらいの若々しさを見せています。

しかしながら実家は医師だった祖父が4回も国家議員選挙で落選したことから家計が傾き、高校の授業料が払えなかったことや、デビュー後も所属事務所の倒産で借金を背負うなど、お金には相当苦労してきたようです。

イ・ジョンジェは大泉洋や役所広司に似てる?

SNSではイ・ジョンジェは大泉洋や役所広司に似てるといった声がたくさん聞かれます。確かに年代的にも大泉洋とは近いですし、役所広司にもなんとなく雰囲気が似ていますよね。髪型のせいなのか?という見方もあるようですが、どうでしょうか?

また、一方ではリリーフランキーにも似ている、という声もあり、おそらくは大人な男性のチャーミングさや色気などがそう見えるのかも、と思います。

イ・ジョンジェの彼女や結婚は?

2003年、9歳年下のキム・ミニと2人でニューヨーク旅行に出発する姿がパパラッチに撮られ熱愛が発覚しました。その後、キム・ミニがイ・ジョンジェ所属の事務所に移籍。ルイヴィトンの店舗オープン記念イベントに手を繋いで登場したり、2人でスペインでのグラビア撮影をしたりなど公私ともに過ごすようになりました。しかしながらオープンで堂々とした二人の関係は、2007年、約3年の交際期間を経て破局を迎えます。

今現在は2015年1月、韓国大手企業、大象グループの長女で副会長の、5歳年下のイム・セリョンとの熱愛関係を認めました。当初は事業でのパートナーとのコメントを出していましたが、その後関係を認めています。イム・セリョンは離婚歴があり、2人の子持ちだそうですが、破局の話はないようでしたので、今でも良好な関係を気付いているのかもしれませんね。

まとめ

「イカゲーム」の大ヒットも記憶に新しいこの頃ですが、今回の番組出演はどうやら2021年12月24日から公開されている映画「ただ悪より救いたまえ」のプロモーションとのようです。SNSではかなり好評なようですので、年末年始に見てみるのもいいかもしれません。

また、番組内ではゲームをするとの情報も。一体どんなことになるのか、楽しみですね。

よかったらシェアしてね!



コメント

コメントする

目次
閉じる